一般皮膚科/男性型脱毛症(AGA)

男性型薄毛症AGA

■ 特徴

・他の脱毛症と異なり、思春期以降に額の生え際や頭頂部の髪が薄くなり進行していくのが特徴です。

・AGAにはDHT(ジヒドロテストステロンの略で、AGAの原因物質)や遺伝が関係するといわれています。

 

当院では、男性型脱毛症に対してフィナステリド錠内服による治療をしています。

フィナステリド錠は抜け毛の原因物質であるDHTの産生を抑え、抜け毛の進行を抑える薬です。

・AGAは進行性であるため、髪の毛を増やすことのみでなく、抜け毛の進行を遅くし、
現状を維持することも治療効果です。
治療効果は抜け毛が減ったかどうかが目安となり、その判定には通常6ヶ月の服用が必要です。

 

goto-topページトップへ